2012/08/03

ブログ写真の撮影機材

北海道はここ数日涼しくて色々と動く気になりますな。

と、いうことで…

最近、買った物を端から撮影するのに凝ってます。

機材はこいつ。
#これは観音さまのIXY510で撮影。

0331

外装のシート貼り付けてライカ風にしてあります。

去年、あぶく銭が入ったときに購入。
「リコーのデジカメぇ?」
と思いましたが、静物のマクロ撮影では最強という噂だったので。
あと、こいつが使えるという話だったんで。
#コンデジで他に付いてるのあったかな?

あと、手ぶれが嫌だったので三脚も買いました。

三脚も凝らなきゃ安いですね(;´∀`)

まだ照明のコツとかイマイチ判ってないので、出来映えは昨日の通り、と言うことになります。
手ブレが無くなったのはいい感じですが。

ま、とりあえずそんなとこで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/02

ねんどろいどぷち Fate/hollow ataraxia

トモダチからまたまた荷物。

出てきたのはコレ。

00310051_6

このくそ暑いのに、箱から出してひんやりしてたのはサービス…じゃなく冷凍車に入れてきたんだな、黒猫(;´∀`)

失業中につき自粛しようと思ってたんだけど、コレが入ってるんで我慢できませんですた。

00710091_3

やっぱメイドですよ、メイド(;゚∀゚)=3ハァハァ。
特にメイド桜は初立体化だったような。

うーん、めんこいのぉ。

シークレットはやさぐれ凜だったようです。

02710291

残りはこんな感じ。

01110151_2

0171_20191

02010251

黒セイバーのゴスロリがいいのぉ。
大きいフィギュアは買えなかったし(ノД`)シクシク
#中古なら買えなくもないかなぁ…

とりあえず、こんな感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/24

Military Photos - View Single Post - Moscow cadets' boarding school No. 9

リンク: Military Photos - View Single Post - Moscow cadets' boarding school No. 9.

 今更ながら一部で話題。
 ロシア軍女子幼年学校だそうで。
#それなんてエロゲ?って聞きたくなる設定

 写真映りが良い子を選って撮ったのかもしれませんが、こりゃあまぁずいぶんナニな学校ですな。
 ミリタリ雑誌やプラモ雑誌の読者投稿イラストの世界が展開されてますよ(*´д`*)ハァハァ
「ガンスリンガーガール」だ、とか色々いわれてますが、実際のところは軍人の遺児のための孤児院、という性格の学校のようで。
#…いよいよ危ない設定のような

 スラブの10代の子はホント可愛いなんてもんじゃないですなぁ…
 これが30過ぎると凄い事になるんだから世の中オソロシイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/26

江田島や、ああ江田島や、江田島や

飯を食ったらお次は江田島。

KIF_0372KIF_0370  「ああ、『おおすみ』と『しもきた』だよ、あれは『むらさめ』型かな、あれは掃海艇…」などと、はしゃいでるのはヲレだけですか。
 みんな自衛隊には興味ないのね(´・ω・`)ショボーン

 

KIF_0368  江田島へは高速艇。
 (*´д`*)ハァハァしますなぁ。
 450円、時間は10分ほど。

 小用は何もないところ。 
 定期バスに乗って第一術科学校まで。
 旧海軍兵学校ですよ。
 五分ほど、150円也。

 停留場からしばらく道沿いに坂を下ったら、海上自衛隊第一術科学校の門が見える。
「次は何分からかな~」なんていったら「見学の方ですか」などと自衛官の人にテキパキと矢継ぎ早に言われ、あれよあれよというまに休憩室へ。
 中では海上自衛隊のPRビデオが流れてますよ。
「来たれ!自衛隊」、でつか…
 けど、それ見てたらあっという間に時間ですよ。

 案内は、幹部学校の生徒さん。
 なにやら訓練の一環らしい。
 たどたどしい案内も微笑ましいといえば微笑ましい。
 ホント大変そうだ。

KIF_0373KIF_0375   テクテク歩いて、講堂、生徒館、陸奥の砲塔などを見学。
「ここから撃つと岩国まで届くそうです」なんていうから「使えるのかねぇ」なんて言ったら、オリバーさん質問してますよ。
「占領された時、英国軍に内部を爆破されました」とのこと。
 そりゃそうだわな(^^;)

KIF_0377  最後に教育参考館。
 終戦後、占領軍に取られないように中身を全部焼いて(もったいない)、いま中にあるものは隠してたものと新たに集めたものなのだとか。
 霊廟なので、脱帽して無礼な行為は慎むこと。だそうな。
 東郷元帥が神格化されてるのは、まあ当然だわな。
 勝海舟関連、歴代提督の書、そして圧巻なのは特攻隊員の遺書の数々。
 本当に言いたい事が行間に滲んでるようでクラクラしてくる。
 体力を消耗しそうなので早々に退去。
 ゆっくり見たい気がするけど。

 ハワイから引き上げてきたという特殊潜航艇はペンキ塗り替え中。
 小さいというけど、人間魚雷に比べれば大きい。
 ああ、人間魚雷に乗って突っ込んだ人、哀れかな。

 見学終了して土産物屋へ。
 何だかんだ見た結果、江田島羊羹買って終り。
 コンビニ(ポプラでした)に入ったら、本売場に「デスノート」がずらっと。
 何か溜まってるのか、自衛官(^^;)
 ゲームに大航海時代があったりとちょっとここにある、と思っただけで可笑しいものも。

 改めて帰ろうとすると、後背の山が急勾配でむやみに高い。
 古鷹山、重巡洋艦古鷹の名前はこの山から取られたらしい。

 バスに乗って小用港へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呉市海事歴史科学館、またの名を大和ミュージアム

KIF_0345 はるばる来たぜ呉。
 石川島播磨重工の御膝元…と言いたいところだけど、吸収合併されただけなので、IHIとしては新参者。
 元の海軍工廠のあった場所、鎮守府ですよ鎮守府。
 聞いただけで(*´д`*)ハァハァしませんか?
 しませんか、そうですか(´・ω・`)ショボーン

 駅のコインロッカーに荷物預けて、いざ出発。

 ショッピングモールを突っ切るのが指定の通路なのねん。

KIF_0346   キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
 という訳で、呉海事歴史博物館…通称大和ミュージアムに到着。

 まずは正門前に展示してある戦艦陸奥関連のブツから。

KIF_0349 KIF_0350KIF_0351KIF_0352-1 謎の爆沈してからスクラップとしてかなり引き上げられたらしく、ブツはあちこちにあるけど コレは昔京都の嵐山 美術館にあった奴だと記憶している。
 しかしまぁ、巨人の国に迷い込んだ感じだな。
 陸奥でもデカイ、ただひたすらでかい。
 流石世界のビックセブンと言われただけのことはある。
 舵だけでもこんなにデカイ。
 プラモデルで見ると陸奥の舵なんてちっちゃなモンですが、実物はこんなにデカイんですなぁ…。

 入り口はいると、ヒトヒトヒト、こんなに大勢いるのかって言うくらいのヒト。
 お前らそんなに大和が好きか~ (←自爆)
 入場料は五百円。
 売店は何でこんなに人が居るのだろうという混み具合。
 記念メダルの自販機があったのが可笑しい。

 モギリのお姉さんがチケットもぎる前に、既にどかーんと「1/10 戦艦大和」が見えますよ。
  1/10でもデカイです。
KIF_0353 ため息が出るほどデカイ。
 デジカメで写真に取ること自体躊躇われるほどの大きさ。
 なにかね、コレは…

 これが寄付というのだから恐れ入ります。
 というか、寄付されたからこの建物作ったのか。
KIF_0354KIF_0355 建物自体がコレを入れる為のもので、後はオマケなんだろう。

 しばし、呆然と見つめるのみ…。

 いつまで見てても仕方ないので、次の間に。

 こちらは呉の歴史。
 海軍工廠と鎮守府、建造された軍艦、関わった人物などがパネルと模型で展示されている。
KIF_0357 で、最後に何故か「亀甲船」。
 李舜臣のタートルシップですな。
 何で飾ってあるんだろうと思ったら、蔚山と呉が姉妹都市だかなんだかで、その贈り物だそうで。
 コヴァさんやウヨが怒りそうだなぁ、と思ったけどヲレはどちらでもないので平気で眺めてたけど。

 次は大型展示室。

 こちらは魚雷二本。
   左が魚雷で、右が人間魚雷。
KIF_0358KIF_0359 左側の魚雷をベースに人が乗れるように作ったのが左の人間魚雷ですな。
 よくよく考えたら、幾ら改造しても元が魚雷なんだから大した操縦性があるわけでもなく、航続距離が増える訳でもないので「回天」が当たる条件なら普通の魚雷でも命中するんだよなぁ…。
 海軍の内部にヤル気をみせただけ、というのは乗って亡くなった人に失礼かもしれないとは思いつつ、飛行機の特攻のほうがマシだったんじゃないかナァという気がする。
#セクションの対抗心で思いついたのかもしれんけど

KIF_0360  こちらは小型潜水艇の海龍。

 ゼロ戦あったけど、なんとなく写真撮り損なって「栄」エンジンのみ。
#ひょっとして「金星」かな(^^;)?

KIF_0363  最後は名誉館長の松本零士センセの部屋。
 アナライザーと模型の宇宙戦艦ヤマトが御出迎え。
「電光オズマ」の宇宙戦艦大和もパネルで展示されてましたなぁ。
 オリジナルアニメやってたのでじっくり見たかったけど、時間が無いので我慢。

 売店はメチャ混みだったけど、会社へ御土産買わなきゃいかんので、大和サブレを購入。
 自分用にはキーホルダーとステッカーとストラップ。
 レジもメチャ混み。
 それにしても、こんなところでプラモ買って帰る人が何人もいたけどどうする気なんだろう(^^;)?
#近所で買ったほうが安かろうに
 同行者は、図録を買った人、トートバッグを買った人など様々。

 昼食はショッピングモールの「ふらんす亭」にてハンバーグ。
 ここもメチャ混み。
 大和の経済効果大ナリ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/25

決戦、まあべる秘密基地

 総裁様の家へタクシーで向かう。
 教えてもらった方法で場所を告げたら、運転手良く判らなかったらしい。
 さすが秘密基地だ。

 それでも何とか辿り着いたら総裁様自ら前で御出迎え。

KIF_0339KIF_0337   二度目の訪問だが、何度見ても凄い家だなあ。

 手土産を渡して、御母堂にご挨拶。
 妙なのが押しかけてすいません。
 決して怪しいものでは…。

KIF_0341  秘密基地内部は、以前の訪問よりすっきりした感じ。
「整理したのじゃあ、合理化じゃあ」
 ということのようです。

 まあべる秘密基地といえば怪しい映像、という訳で海外放送を直接受信ですよ。
 をを、パラボラアンテナが電動で動いてますよ。
「クラークベルト沿いにある衛星の電波をとらえておるのじゃあ」
 なるほど。
 米国軍の宣伝放送などを見るが、やはりウリナラドラマ&アニメでしょう、やっぱり。
 ドラマは言葉が判らないので超訳ですよ、超訳。
 この面子だと飽きないなあ(^^;)
 ウリナラアニメや岡山のヲタク映像などを見て三時間ほどで秘密基地をおいとま。

KIF_0342-1  最後に御真影をパチリ。

 つぎはいよいよ倉敷でオフ会だあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)